韓国映画 王になった男

  • 2013.03.04 Monday
  • 22:56
JUGEMテーマ:韓国映画全般
 
あぁ〜イ・ビョンホンいいねえ。
とため息が出てしまいました…。
久々に見たビョンホンssi
この映画、韓国でもが評判だったそうですが、
すでに見た人から聞くとみんな「いい」と二つ返事。
すごく気になったので友人を誘って一緒に見に行きました〜。


今年は映画館で映画を見るぞーということで。
(ことし3本目)


映画館で本編の始まる前に
イ・ビョンホン様が挨拶映像で出て来ました。


(お〜)
という感じ。
やっぱり息をのみます。
かっこいい!!
このひと別格だわ。
入場と同時にサイン入り写真も頂きました!



(わざと小さく)


イ・ビョンホン、かっこいいけど演技もすごくうまい!と思います。
それは「Happy Together」の頃から思ってました。
というかこのHappy Togetherのテプンが大好きだったので、
あ〜帰ってきたぁという感じ。


その後、かっこよくてカリスマ性のある
いかにも〜という役ばかりだったので、
お茶目なのもやって欲しいのに…と。
なので、実はアイリスも見てない〜
Happy Togetherのテプンはダメ男風だけど、
とってもお茶目でかわいい男だったんです。
それをあの完璧にみえるビョンホンssiがやると
なんとも母性本能をくすぐる…というか。
(ビョンホンssiの変態?系も嫌いじゃないですが…)


で、この「王になった男」のハソンという道化の男。
なんともお茶目で愛嬌があり情が深い…。


朝鮮15代目の光海君は、
もともと民衆を思いやる王様だったのだが、
常に暗殺の恐怖に晒されるうち暴君化していったらしい。
この王様が、
「私と瓜二つの男を探せ」
と都承旨(トスンジ)に命令し、見つけられたのがハソン(イ・ビョンホン)
妓生宿で国政を風刺したネタで笑わせる道化だった。
あろうことか、銀20両で命の危険のある影武者となったのだった。


都承旨(リュ・スンリョン)の厳しい指導により、
なんとか周囲にバレないように影武者任務を遂行するハソン
王妃にも会わないように〜
大臣たちにも悟られてはいけない


影武者のことを知っているのは、
都承旨と宦官のチョ内官だけ。


表立った席で、ハソンはしゃべるな…
と都承旨に言われているのに、
政治のことや民衆の現実を知るにつけ、
自らの意見を代役としてではなく発言していってしまう〜
建前や駆け引きでわざといいと思われる「大同法」が却下されていたのに、
貧しいものにとっては良い法律だから…と、
彼のの一存で通してしまったり、
謀反の濡れ衣を着せられた王妃の兄を放免するなど…
次第に、王としての意思を持つようになってしまった。


裏での都承旨とのやり取りやが最高(笑)
表で都承旨が「王様〜」と、
ハソンを尊ぶ態度がふたりだと殴る蹴る〜
王様の扮装のまま、
殴られたりけなされるビョンホンssiが面白い〜
また、内官に政治のことを教えてもらいヒントを与えられるなど〜内官の心を捉えるのもいい。女官たちが、よく笑うようになった王様を訝りながらも慕うようになるのも良く…。
唯一影武者の王を疑っていたト部将もハソンを助けてくれる…。
こうなると、
毒を盛られて病床にある光海君が気の毒になってくる〜


全体的に本当に無駄がなくよくできているなあと感心。
たった2週間ぐらいの間、影武者を務めた男が、
周囲に何かをもたらし…快癒した光海君にまで影響を与えた〜
という出来すぎな話が本当のことのように思えてくる…。


王妃(ハン・ヒョジュ)にちょこちょこ会いに行き、
歯にのりをつけて笑わせようと試みたり…。
とにかく王妃に笑って欲しい〜
という偽物ハソンの努力がかわいい。


なんだかイ・ビョンホン自身もすごく
楽しそうで。
だってあのイ・ビョンホンが衆人の中で大便をしたり、
おならをするシーンがあるんですよ!!
もう何も怖くない〜どんどん面白い役もやって!
と思うのでした。


そして、暴君の王様さえ、
彼の2週間の日誌を読んで、
殺されるはずの彼を救った?のでした。


映画館で見てよかったなあ〜
と思う一本。
友人とは、
「やっぱイ・ビョンホンかっこいいね」
そればかり言っていました。


衛星劇場の田代親世さんのどっぷり韓流総決算で、
「40代の初期からいる韓流スターが最近すごくいい」
と言っていたけど〜本当です!!


アイリス見よう〜(今年中に(笑))!!


ヨン様もそろそろ出てくればいいのに?
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM