ブロークバック・マウンテン

  • 2007.03.18 Sunday
  • 22:55
ヒース・レジャー,アニー・プルー,アン・リー,ジェイク・ギレンホール,アン・ハサウェイ,ミシェル・ウィリアムズ,ランディ・クエイド,リンダ・カーデリーニ,ラリー・マクマートリー,ダイアナ・オサナ
や、やばいです。
ゲイの葛藤系の話ってなんでなのかな?昔から好きなんです。
「モーリス」とか「ブエノスアイレス」とか、
理解不能だから余計気になるのかな。
でもやっぱりこれは評判どおり秀逸。
男同士なのになんでこんなに切ない…。

どうしてそういう気持ちになるのかは理解できないとしても、
孤独な生活の中でさび付いた心にぬくもりが必要だった時、
触れたのがたまたま男だったが深く癒されたってことなのね。
いったんその気持ちに、
気づいたらそれを止めることはできなかったのね。
互いに家庭を持ってからも。
葛藤し続けること20年。
男同士の密かな恋の大河ドラマなのでした。

それにしても夫が男と抱き合ってるところを
見ちゃった奥さん。
ずいぶん長いこと悩んで離婚したけど、
生活のためには我慢しなければと思っていたんだろうね。

何よりジェイク・ツイストが亡くなって、
彼の両親の元に行ったイニス・デルマーが
彼の灰をブロークバック・マウンテンに撒きに行くといったとき、
彼の両親は彼が息子の愛した男だったとわかっていたことが、
つらかったです。
父は最後の虚勢をはって「彼は家族の墓に入れる」
といったけど、
母は彼のシャツを持っていくイニスに
「また会いに来てね」と見送っていました。

本当の愛に出会うことはむずかしい。
なんで苦しむために出会ったのか?
という恋すらもうらやましい今日この頃でした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM